« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

生まれ変わるを考えた!!

僕は自分の嫌いな所がたくさんある。まずは自分に甘い。かなり甘い。自分に対して厳しい目標や、規律をたて、生きて行こうと思うが大抵はハードルを低く設定してしまう。だから僕は・・・

『生まれ

変わる

んだ!!』

明日、12月1日から僕は生まれ変わる。

こんなダメ人間ではダメだ!

僕は仕事が無かったら、何時まででも寝てしまう。夕方まで寝たりする。だから、仕事がなくても『朝は9時に起きる事』と自分で決めた時がある。規則正しい生活をするためだ!決めた次の日の朝、9時に目覚ましが鳴る。一瞬、起きるがすぐ寝てしまう。自分に弱い。

なんらかの理由をつけて寝てしまう。

その時の理由が・・・

『無理

したら

ヤバイ』

えっ!!何が?何がヤバイの?と今は思うが、その時は『ヤバイ』と思っている。

はじめは無理して起きて規則正しい生活にしていくのだが、いきなりヤバイとは我ながら情けない。

自分を変えないとダメだ!!

後、僕は

『自分の

潜在能力

を過大評価

し過ぎる』

癖がある。努力も何もしてないのに・・・。

『オレは痩せたら男前』から始まって、何の根拠もないのに

『歌の

作詞とか

やったら

結構ええ

詩が書ける

んちゃうか?』

とか

『陶器とか

作らせ

たら、

素質あるとか

言われるん

ちゃうか?』

とか

『人生で

最終的に

一発逆転

できるん

ちゃうか?』

とか、何の根拠もないのに、出来そうだと思い込んでしまう癖がある。

今までは思っただけだったが、生まれ変わる僕は違う!

そう思ったら、何かをやってみる。

やらないと何も始まらない!

僕は生まれ変わる。

違う自分になってやる!

こんな事を毎月、月末に心に決めるが実践できない。

『たぶん

一生

自分に

甘すぎる

兵動大樹

でした!!』

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

火傷して考えた!!

今日、おでんを作った。途中につまみ食いをした。 ちくわを食べたら、びっくりするぐらい熱い汁がちくわの毛穴的なところから大量に噴き出して、僕のセクシーハリウッド女優なみのプックリした上唇を襲ってきやがった! 火傷や〜めっっっっちゃ痛い〜。
かなりのダメージだ!! 泣きそうや〜。 すぐに冷凍庫から氷を出して口にあてたが、氷を無意識に食べてしまう。そんな行為を5回ぐらい繰り返してしまう僕のゴリラなみの知能にも腹がたつ!今は缶のミツヤサイダーで冷やしてる・・・今、ブログを書いてる間に飲んでしまった!ラリゴリラ兵動でした!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

歌を唄ってみて考えた!!

今日は忙しかった~~~。なんばグランド花月の舞台を4回とうめだ花月の通常出番が2回とうめだ花月の夜のプレミアイベント『池山心バンドジャンボリー』に出してもらった。忙しいのはありがたいことだ。

今日のプレミアはしましまんずの池山兄さんのイベントだったが、僕はそこで歌を唄った。

今まで、人前で唄ったことはカラオケレベルしかなかった。せいぜい10~20人ぐらいの前だと思う。

基本的に僕は音痴だ。

「ほら、あの曲あるやん」といってハミングで説明しても、絶対に分かってもらえないし、よく歌のうまい人が「あの曲はキーが合わない」とか言ってる事を「あの人とは気が合わない」という意味と同じで「あの歌とは気が合わない」と相性が悪い意味だと本当に思っていた時期もある。

そんな僕に人前で唄う場を池山兄さんは提供してくれた。

他にもゲストはいた。

他のゲストは自分で唄いたい曲をリクエストして唄ったが、何故か僕の場合、曲が指定されてて、社員に「どんな曲?」と聞いたらラフィン・ノーズの『ゲット・ザ・グローリー』だった。ジャンルでいうと・・・

『パンク』

と言っていた。

びっくりした。

「ええええええーーーー!!!オレがパンク・・・自転車やったらパンクさせたことはあるけど」と最近、おっさんになってきて出てきた病気・・・・

『しょうもない

ことが

頭に浮かぶ病』

が出てしまった。

いつもやったらしょうもない言葉が頭に出た段階で、消去するのだが、びっくりのあまり口から出てもた。

社員が「衣装も発注してます。下はレザーのパンツと上はレザーのベストを裸で着てもらいます」と言い出した。

僕が、レザーの上下でパンク熱唱・・・似合わんなぁ~

高校の文化祭で『本格!ぼたん鍋』を出すぐらい違和感がある。

決まったからにはやるしかない!!!

早速、CDをもらって練習した。

そして本番当日(26日)にうめだに乗り込んで、衣装を着た・・が・・上はレザーのベストだったが、下はサイズがないということで・・・・・

『黒の

スパッツ』

になっていた。

んんんんん・・・・スパッツか~~なんかマヌケやったな~。

リットン調査団の水野兄さんに・・・

『フランスの

ワイルドな

泥棒』

みたいと言われた。

本番は緊張したー。

なんせお客さんは超満員の250人ですよ。

そんな大勢の前でフランスの泥棒みたいな格好でパンク唄うんですもん。

お客さんに「おめえたち、オレと一緒に暴れっか!!」とか叫んで、ビシッと決めるつもりやったのに、演奏が始まって出て行った瞬間に頭が真っ白になって、お客さんに向けての第一声は・・・

「僕を

一人に

しないでぇ~」

と叫んでしまった。

いい経験できた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

性格について考えた!!

200511232118000

これは

『行方

不明者』

の写真ではない。

うめだ花月でコントをした時に『オーディションの面接官』の役をした時の写真だ!

今日はこの架空の人物について考えた!!

こいつはたぶん、周りの皆から嫌われている。

こいつからプラズマテレビと液晶テレビの違いとか、どうでもええ話を聞いてきて、真剣に説明した後に・・・

200511232118000

「ん~

もう一回

言うて」

と言いそうである。

こいつとカレーを食べる時、聞いてもいないのに絶対言うのが

200511232118000

「オレ、カレー

には

醤油やねん」

どうでもええわ。その後に絶対言うのが

200511232118000

「でも、

目玉焼きは

ソースやねん」

知らんがな。

明日に続く・・・・かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

嬉しい事があったから考えた!!

『身内』の皆さんの温かいコメントをたくさん頂いたので、体調もだいぶマシになってきました。ありがとうございます。

今日は嬉しい事がありました。

僕の友達にやっっっっと彼女ができました。

このブログには登場していませんが、もう、10年ぐらいの付き合いになる男です。

この男をN(32才)と呼びますが、5~6年前から僕とNとで

『純愛クラブ』

という組織を作り活動していました。

『純愛クラブ』とは、名前のまま、『純愛をこよなく愛す』を合言葉に『大人になってもドキドキする恋をしよう』と誓い合いました。

裏テーマは

『汚れた性が

氾濫してる

現代に

ドロップキック』

というちょっとミスチルの歌詞を引用させて頂いた裏テーマでした。

構成員は

『2人』

Nが会長で僕が副会長でした。

活動内容は、二人でキムチ鍋をして、食べ終わって、焼酎を飲みながら、BGMに高橋由美子の『友達でいいから』やプリンセス・プリンセスの『友達のまま』などをかけて純愛を語るという活動を水面下で行っていました。

客観的に見たら

『かなり

痛い

おっさん

二人』

でした。

しかも、二人とも彼女も居なく、実写版『アゴなしゲンとオレ物語』のようでした。

それから、月日は流れ、僕は結婚しましたが、Nはまだ彼女が居なく、「兵動さんが結婚したから、純愛クラブもなくなりますね」と淋しそうに言っていたのに・・・なんと今日、話があると言われて会うと「彼女が出来た!!」と報告がありました!

ビックリして、せっかく治りかけてた、胃と腸がブリブリ動き出す始末。

どんな子????と聞いたら、恥ずかしそうに財布の中の、お守りをだし、そこに入れていた、ちっさな証明写真を大事に取り出して、僕に見せてくれました。

僕は、指紋を付けたらダメだと思い、人指し指に乗せて見てみたら、まぁ~なんと可愛らしい~女の子でした。

話を聞くと、ずっと片思い的な感じやったらしいんですよ!

「よかったやん!!おめでとう!!!」と僕は興奮してしまい、鼻息で、ちっさな証明写真を飛ばしてしまい、彼女の顔が下に向くように地面に落としてしまったんです!!

Nが「うわーー」と叫んだので、焦ってしまい、僕は写真の両端を指でプリッとつまんで写真を取り上げてみたら、さっきより

『彼女の

鼻が

高くなってる』

ではありませんか!!

しまった!!写真を逆にプリッとしてしまった!!

言うてる意味わかります??

上にプリッとしなあかんのに、下にプリッとしてしまったんですよ。

しもたーーーー!

それを見たNは、その写真を見つめながら、ボソッと

『兵動さん

じゃなかったら

ブチ切れて

ましたよ』

と言ってました~。

僕が兵動さんでよかった~~~。

Nごめんね。

Nに話を聞いてたら、彼女が『何故Nと付き合ってるのか分からない』というらしいです。

『分からない』・・・いい言葉やな~と思いました。

言われてるNは不安やと思いますが、彼女は好きなのか、淋しいだけなのか、気まぐれなのか分からないけど、付き合ってみたんでしょうね。

僕は無責任かもしれないけど、分からないままずーーーとうまくいって欲しい。

『分からない』けど付き合って、

『分からない』まま二人で楽しく笑い合って、

『分からない』まま結婚して、

『分からない』まま子供を生んで、

『分からない』まま二人で力を合わせて、

『分からない』まま生きていき、

『分からない』まま年を取って、

『分からない』ままやったけど幸せやった。

でええと思うなぁ。

ちょっと気が早いかなぁ。

『分からない』・・・それでええんちゃうかな?

僕がNとこんだけ仲良くなった理由も、未だに『分からない』ねんから。

お幸せに。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

しんどくて考えれない!!

昨日から体調がボロボロだ。 しんどくて動けない。 今日、無理矢理起きて病院に行ったら胃腸炎といわれた。家でも寝たままだ。 ボケーっとテレビを見てるが、10チャンでやってる、歌番組の藤原紀香の衣裳は笑える。 元気になったら書き込みます!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

愛について考えた!!3

hossonn_kao この男はアニマル浜口でも、実写版シュレックでもない。

後輩の『ほっそん』という男だ!!

僕はこの男が大好きだ!!

ほっそんは吉本の養成所の11期生で9期生の僕からみたら2期下になるが、年齢は同い年だ。

ほっそんはええ男だ!

同い年の僕から見ても頼りがいがある男だ!が彼女は居ない。

何故??

ほっそんのセールスポイントを紹介しよう。

ほっそんはワイルドだ!

ほっそんはロケで『マグロ漁船』に3ヶ月乗った男だ!!普通のロケならば、カメラが回ってる時だけ作業して、回ってない時は休んでるものだ・・・が、ほっそんは普通に働いていた。カメラも回ってない時にでも、血まみれのマグロをガンガン運んでいた・・・ワイルドだ。

その時の写真を見せてもらったが、ほっそんが漁船の風呂(昭和40年ぐらいの市営住宅の風呂ぐらい小さな風呂)に爆笑しているフィリピン人と満面の笑みのほっそんが湯船に浸かっていて、その浴槽の横で体を洗いながら、大爆笑してるタイ人が写っている写真だ・・・ワイルド過ぎた。

ほっそん以外の外人が、かなり笑ってるところをみると、ほっそんが笑われていたと推測できる。

ほっそんはロマンチストだ!

クリスマスが迫った12月のある日、当時付き合っていた彼女が、何気に「クリスマス・イブにヘリコプターに乗って大阪市内を一望できるデートコースがあるねんて」と言ってきた。

「へ~そうなん」と気のない返事をしたほっそんだが、その日彼女を家に送ってから、ヘリコプターに乗せてくれるところを調べまくった。

やっと見つけて、彼女には内緒で予約した。

そして、クリスマス・イブに彼女をエスコートしてヘリコプターに乗った・・・・が・・・・乗ったのは

『昼間』

だった。

夜は予約でいっぱいやったらしい。

それはそうやろ、イブの夜景を見るために皆はヘリコプターに乗るのであって、イルミネーションも何もない昼間にヘリコプターに乗ってもな・・・それは市会議員の

『大阪市内

の視察』

みたいだ。

それだけ、ほっそんは彼女を喜ばそうとしたのだ。

後、ほっそんは福耳だ。というか福耳過ぎるのである。

僕もたいがい福耳と言われる。

でも、耳たぶが下に向いてて、受けてないと言われる。

福耳は耳たぶが上に受けてるような形にならないとお金が下に落ちて貯まらない。落ちないように耳たぶが受けてないとダメらしい。

ほっそんは受けている。受け過ぎである。受け過ぎてて、横から見たら耳の形がアルファベットの

『L』

に見える。

将来が安泰だ。

その耳のLが『LOVE』のLになって早く彼女を見つけて頂きたい。

僕の予想だが、ほっそんは

『面食い』

だと思う。

hossonn_mimi

なにかほっそんにコメントを頂きたい!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

収録に行って考えてた!!

今日はMBSの『笑道3』の収録に行ってきた!

今、帰ってきた。

今日のトークコーナーは

『トリマー

矢野が

大爆発』

していた。

おもろかった。

12月4日に放送みたいだ。

是非、爆発して

『電化製品が

壊れて、

ワシにまかせ的

に出てきた親戚の

おっさんが

テンション

あがりきって

喋ってる』

ような矢野を見て頂きたい!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

薄毛について考えた!!

『身内』の皆さんにお聞きしたい!!

日本の薄毛人口は1300万人~1900万人と言われている。

僕はその薄毛人口のメンバーの一員だ!!

最近、自分の頭皮を見ると

『ゴールド

メンバー』

にランクアップしてる気がする。

薄毛はハゲではない。

これが問題だ!

変な望みを持ってしまう。

(五年後に『薄毛専用』のめっちゃ生えるピンク色した『豪毛剛猛』とかいうネーミングで毛生え薬とかできるんちゃうか?)とか、

(ハゲよりましやろ~薄くても毛があるし)

と思って、薄毛を目立たなくするために、

『短髪で

ごまかす』

のである。

少ない毛にしがみつくのだ。

だから、

『プロピア』

には手を出せない!!

プロピアは頭皮に、毛が着いてる薄いセロハンテープみたいなのを貼って、豪毛になる商品だ。(僕がそういうシステムだと思ってるだけなんで、間違えてたらすいません)

要するに、毛のない頭皮(皮膚)に貼り付ける。

僕は、かなりプロピアをしたいのだが、噂で『ちょっとでも毛があったら粘着しないので、そこを剃る』と聞いて怖気づいた。

『剃る』

そこに引っかかるんだなぁ~。もうプロピアしたら毛なんか関係ないのに、何故か『剃られたら、俺の髪の毛が再生しないではないか!』と思ってしまう。

薄い毛に未練タラタラなのだ。

前からあったことなんですが、人と喋ってる時に、相手が僕の目を見ずに頭を見ている事がある。

気にはなっていたが、慣れてしまっていた・・・・が

最近、頭を見て喋られる回数が

『マジ

半端ねぇ~』

のである。

回数が増えすぎた・・・。

そこで、僕は一大決心をした。

もう、こんな力の無い毛(湿気が多い日だけ、1本ずつ個別に好きな方向に立ち上がってきて、よけいに薄毛感を目立たす)と決別するつもりで

『丸坊主』

にしてやろうかと思っている。

で・も・

最後に、自分の毛で、今と違う髪型に挑戦してみようかと考えた!!

僕は、今まで髪型にこだわりがなかった。今まで唯一やった髪型は

『ニューウェーブ』

だけだ。

ロン毛にして、街をかっぽした時代もないし、ドレッドで海に行った青春もない。

だから、最後に・・・人生最後に・・・自分の毛で・・・

『アフロ

を決めて

見たい!!』

アフロでクラブに行ったりはしないけど・・・

行っても・・・ツタヤ・・・ぐらいかな?

そこで『身内』に聞きたい!!

『パンチパーマ

が伸びた

ぐらいの

アフロ』

になるかもしれないが、どう思いますか!!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

腹が立つからから考えた!!

んんんーーー腹が立つ!!!

最近、ツタヤに行った。返却するために並んでた。

そこの、ツタヤにはちゃんと順番に並ぶように、柵がある(銀行とかにある銀の鉄の棒からゴムが出てきて、それを伸ばして、もう一つの銀の鉄の棒に架けて柵的なものになるやつわかります?小学生どうしやったらプロレスごっこでロープにふられそうなやつ、僕はあのシステムを『ユートピア』と呼んでいる)。

カウンターには受付するところが2つある。二つとも人が居たから僕は先頭に並んでいた。

僕から見たら、2つある受付の奥の方に30才ぐらいの男がいた。4才ぐらいの女の子が男の足元にまとわりついてる。その男は柵の外におる、同い年ぐらいの男と喋りながら店員がバーコードを打つのを待っている。

店員が「返却は明日でお願いします」と言って青い袋を男に渡した。

男は袋を受け取り、出口の方に向かった。1つ空いたので、僕は空いた受付に向かって歩き出した。

その時、さっきまで男の足にまとわりついてた女の子が、背伸びしてカウンターにDVDを出した。

(あれ?)

よく見たら、女の子の手には1万円札が握りしめられている。

店員はキョトンとしていた。いきなり死角からDVDが出てきたから、びっくりもするだろう。

今度は店員が背伸びをしてカウンターの下の方に居た女の子を確認した。

店員は「ごめんなさいねーー。みんな並んでるんで、あっちに並んでからお願いできるかなぁ?」と優しく言いながらDVDを返した。

すると、柵の外で、さっきの男と喋ってた男が

「並んでる

やんけ!!」

と怒鳴った。

その男は女の子の親父らしく、さっき居た男とは知り合いだったので喋ってたのだ。

店員が「これは並ばれてないので、ちゃんと並んでもらえますか?」と言った。

男は「並んでるやろ!どこ見とるんじゃ!!」とかました。

店員は死角なんで見れない。

男は子供に「ええから!やってもらえ!!」という。

子供は「うん」と言って、またDVDをカウンターに置いた。

店員は、先頭に並んでいる僕の方を見て頭を下げて、その子のDVDを持って作業し始めた。

僕は腹が立った・・・それを通りこして呆れた。

厳密に言えば、その子は並んでいない。

並ぶというのは、決められた所に並ばないといけない。

例えば、その子が一人で1万円を握りしめて、DVDを借りに来たのなら、カウンターの下に並んでても仕方がないとは思う。

ルールが分からないから。

親や保護者が一緒に来てる場合はダメでしょう?

その男がちゃんと教えてあげなければダメでしょう。

その子がこれから先、一人でツタヤに来た場合を考えて(一人ではこないと思うけど)ルールを教えてあげないとダメでしょ。

僕は、その女の子が心配になった。

30過ぎて、20才ぐらいの店員に上唇をプルプルさせて大声で文句言うてる、まわりが欠けまくってる小さい器の男に育てられていく女の子はどんな大人になっていくんやろ?

僕は自分の意見を正解だと思っている。

みんな自分の考えが正解だと思ってると思う。

その男も、店員に切れた事を正解だと思ってると思う。「子供のかわりに言うたった!!店員ビビッてたわ~」と嫁や友達に自慢しまくってるかもしれん。なんやったら『子供を守った!』と思ってるかもしれない。

しんどい話である。

よく電車で走りまわる子供がいる。いろんな方の漫才のネタにもなっているが、親が「ちゃんとしなさいよ~あのおっちゃん怒ってはるよ」と言う。

漫才では「俺は怒ってない!」というオチになる。

僕も何回か「あのおっちゃん怒ってはるわ」と言われた事がある。

その時僕は

『激怒

していた』

子供に対して、ではない。

その親に対して激怒している。

子供はわけがわからんと生きてる。

言い方が悪いが『動物』みたいなもんだ。

その動物をある程度の人間になるまで、教育するのが親ではないのか?この場合、個性がどうとかは置いといていただきたい。

まあ、電車で走りまわるのが個性を伸ばすことにはならないと思うが。

電車で赤ちゃんが泣いている。

「もう!おとなしくしなさい!!」とヒステリックに怒ってる母親が居る。

かなり腹が立つ。

赤ちゃんは泣くのが仕事だ。仕事をしてるだけだ。

なんの目的で、その親子が電車に乗ってるのかは分からない、温泉に行く、ディズニーランドに行く、親戚の所に行く、冠婚葬祭に行くとか何かは知らないが出かけている。

例えば、1才児の赤ちゃんが「ぼくちん温泉に行きたい」とか「わたちミッキーがみたい」とか「田舎のじいちゃん、ばあちゃんに顔を見せに行きたい」などと自分で言うたのなら、なんで泣いとるねん!!と僕も切れてしまうが、そんなことは、まずないと思う。

親の都合に付き合わされて、電車に乗せられて、『泣く』という任務を遂行してるだけなのである。

その赤ちゃんに切れるとは何事や!!と僕は親に切れる。

あと、赤ちゃんが泣いていて、必死に泣き止まそうとするお母さんがいる、デッキにでたり、一人で悪戦苦闘してる。その横で出来の悪そうな、将来絶対出世しなさそうな、嫁にしか偉そうに出来ない親父が爆睡してる時がある。ブチ切れそうになる。

そんな時は、親父に向かって

「しょうもない

顔して何を

寝てるんじゃ!

しょうもない

仕事しかやって

ないくせしやがって

しんどいから寝てる

んか??

奥さんの方が

お前の10倍しんどい

ねん!

亭主関白だす

とこ間違って

るんじゃ!!

ボケ!!!」

と心の中で叫んでまう。

長くなった~もっと言いたい事あるのに~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

お花を頂き考えた!!3

最近、全然ブログを書く時間がなかった。

やっと『お花を頂き・・・』の続きがかける!

この前、大阪キッズさんの話を書いたが、その兄さん達が、「鶴瓶師匠の事が大好きな後輩の兵動が結婚するので、鶴瓶師匠に色紙を一筆書いて頂けないでしょうか?」とお願いしてくれた。

ここからは聞いた話を再現してみる。

大阪キッズさん(以下、大)「兵動が結婚致しますので色紙を書いてやって頂きたいのですが、お願いできませんでしょうか?」

師匠「あのな、結婚式は新婦が主人公やねんで、色紙ってあかんやろ?」

大「何か記念になるような事をしてやりたいんです」

師匠「式はどこでやるんや?」

大「西宮です」

師匠「西宮か?んーー分かった・・・・」

と言われた、次のお言葉を聞いてビックリした。

「俺、

式に行くわ」

「ええーーーーーー!!」

と大阪キッズさんは思ったらしい。

普通、全然付き合いのない後輩が結婚するから、色紙をお願いして、どこがどうなったら「俺、式に行くわ」になるんやろ!?

名前は忘れたが『煙突は黒い』という大喜利のお題がある。

煙突は黒い→黒いは夜→夜は恐い→恐いは嫁はん・・・と続く連想ゲームのような感じで進んで行くやつだ。

知らん若手の結婚式→結婚式はどこ?→場所は西宮→西宮は地元→地元は近い→近いから行く!!

ってなったのかなぁ?

凄い師匠だ!!!

大「ほんまですか?!」

師匠はその日、東京にお仕事があって夕方から新幹線で東京に向かうと言ってはったみたいで、師匠のお住まいが西宮なんで、西宮やったらギリギリ新幹線に間に合うと思うからとおっしゃっていらしたらしい。

偉大や!!鶴瓶師匠は偉大すぎる!

電話を切った大阪キッズさんは興奮していたと思う。まさか、師匠が式に来て頂けるなんて!!!!!

凄いぞ!!大阪キッズさん!!

ありがとう!大阪キッズさん!!

1つを除けばパーフェクトだ!大阪キッズさん!!

その一つとは、僕の式場の場所は・・・・

『三宮

だよ

キッズさん』

三宮では時間が間に合わないということになって、師匠は、式の主人公である、僕の嫁にお花を贈って下さった。

僕は、今まで豪華なお花を見てきた、縦に長い豪華なお花などは見たことがあるが、師匠が贈ってくれはったお花は・・・

『横に豪華』

な、今まで見たことのない凄いお花だった。

嬉しかった。

鶴瓶師匠には本当に感謝、感激だった。

本当に偉大だと思った。顔もよく知らない若手(?)芸人の結婚式にそこまで気を使って頂ける師匠は凄いと思った。

何度も言うが僕は、笑福亭鶴瓶師匠に憧れている。

僕も芸人の端くれとして、鶴瓶師匠を追い越したい、日々努力して鶴瓶師匠という山を登り、山頂で『兵』と書いたでっかい旗を振りまくって、その山を征服したいとだいそれた事を考えてる。

芸歴16年目の僕は『鶴瓶山』の2合目付近ぐらいは行ってるかと思っていた・・・・が、まだ山に向かう新幹線で、山の頂上を見ている気がした。

山はでっかい方が登りがいがある。

何年かかっても登ってみたい山だ!!

鶴瓶師匠、本当にありがとうございました。

大阪キッズさんありがとうございました。

最後に、キッズさん・・・

『場所

ぐらい

ちゃんと

調べとけ

!!』

親愛なる大阪キッズのご両人へ。

本当に感謝してる、可愛い後輩・兵動大樹より

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ブログ書けないから考えた!!

今日もガッチリとブログが書けない・・・。 なんやかんやと忙しくさせてもらってて、PCの前に座って、タバコと灰皿を僕だけの所定場所にセットして、コーヒーをPCからちょいと離したとこに置いて、腕まくりして、気合い一発入れてブログを書き始めることができない〜。 書きたい事が山盛りある。 いつになるやら。 明日は岡山でラジオです!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

お花を頂き考えた3を考えずに考えた!!

「タイトル

ながっ!!!」

今日はこの前の続きを書こうと思ったがクタクタで書けない。

日、月、火といろいろあってクタクタや・・・。

昨日、漫才病2がKBSで放送があったみたいです。

前回の漫才病で僕は自分の携帯番号を発表してしまい、テレビで放送してもらっても全然いいですよ!と言った。

ABCでの放送の時はバキューーン的な音で隠してくれたみたいだが、KBSはそのまま放送してくれた。聞いた話では画面の隅に番号の

『テロップ

まで出して

くれた!!』

みたいだ。

放送前に「ほんまに番号だしていいんですか?」と聞かれたので「ほんまに番号」あたりで

「OKです

よかです

問題ないです」

と言った。

昨日放送だと知らなかった。

昨日は外出してて、なんか20時20分前後から

『電話が

鳴りっぱなし』

やな~と思ってた。着信が見たことない番号だらけ。

1件取ってみたら「今、KBSで漫才病が番号付で放送中!」と教えてもらった。

それから、今まで非通知を入れたら、延べ

『300件

以上!!』

留守電パンパン!!

出れる範囲で出て、喋らしてもらったが面白かった。喋ってる途中にキャッチが入りまくりでした。

電話が通話中で取れなかったり、用事してて取れなかった方すいませんでした。

留守電には漫才病見てますから、面白かった、がんばって下さいとか、留守電では、ブログ読んでます、今日誕生日ですとかいろいろあった。

「誕生日おめでとう!!」

ご丁寧にメールアドレスとか電話番号も入れて頂いたかたもいらっしゃいましたが、こちらから連絡するのはどうかと思ったのでやめときます。すいません。

ボケまくり電話や留守電もたくさんあったが、この内容は

「漫才病・・・

第3弾で

ご報告したいと

思っております」

そろそろ仕事に影響が出始めてますので、番号を変えるかもしれません。

ご了承下さい。

それと間違え電話だけは注意して下さい。

たくさんの電話ありがとうございます。

23時以降は電源切ります。

今回の電話かかりまくりで

『チケット

ぴあ

気分』

になれた兵動でした!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

お花を頂き考えた!!2

お花を何故頂けたか???

それは、先輩の『大阪キッズ』のお二人が師匠にお願いしてくれたのだ!!

『大阪キッズ』のお二人は元々松竹芸能に居られたが、今は吉本に所属してはる。

大阪キッズの寺田兄さん・・・この兄さんは家が近いのでよく飲みに行く。

兄さんは真剣に僕の事を『佐藤浩市』に似てると言ってくれてる。

マラソンが好きで、ボクシングもやってるスポーツマンで、無理せず腹筋がつく

『究極の

腹筋を編み出した男』

である。

大阪キッズの藤田兄さん・・・この方も僕が大好きな先輩の中の一人だ!!藤田兄さんは後輩の僕がいうのもなんだが、『天然ボケ』だ。そんな兄さんが愛おしくて仕方がない。兄さんは今まで数多くの事件を起こしてきた!

数年前、自動車を運転中に、携帯電話が鳴ったので取ろうとした。(その当時はまだ自動車での携帯の法律はなかった)

手を滑らして携帯がアクセルの方に落ちて、それを拾おうとして手を伸ばしたが届かない、ちょっと体も下に落とした・・・が届かない。ドンドン体を落としていっても届かない・・・イライラした兄さんは運転中にもかかわらず、一瞬、運転席に潜った!!!素早く携帯を拾った!そこまではよかった。素早く頭を戻す予定だったが、ハンドルに頭があたって戻らない!その結果・・・電信柱に車が突っ込んだ。

ベタな事故だ。

『何故、運転中に

携帯電話を

使ったらダメなのか!』

という例に上がりそうな事故だった。

藤田兄さんが若手の時、自転車を撤去するアルバイトに行っていた。その時に・・・

『自分の

自転車を

撤去した!!』

凄い男である。

兄さんはバイトに行くときに最寄の駅に自転車で行った。

その日の撤去が兄さんの家の『最寄の駅』だった。仕事熱心の兄さんは自分の自転車を自分で撤去した。それに気づかずに、アルバイトを終えて、電車で自分の家の『最寄駅』に到着!

そこで、自分の自転車を撤去したことに気づいて、その足でバイト先に戻り、お金を払って自分で撤去した自転車に乗って帰ってきた・・・。

『究極の

一人コント』

を繰り広げたのだ!

そんな藤田兄さんが好きで、1度兄さんの生まれ育った地元に遊びに行ったことがある。兄さんと地元を歩いてたら、兄さんの同級生の方々が声をかけてきた。皆さんは兄さんの事を「藤田!」と呼ばずに、全員が兄さんの事を・・・

「ぷりん!!」

と呼んでいた。

何故ぷりんと呼ばれてたのかは怖くて聞けなかった。

そんな兄さん達が僕の結婚式のプレゼントとして『鶴瓶師匠』にお願いしてくれたのだ!!!

本題に入る前に書き過ぎた!!!

続く。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

お花を頂き考えた!!

僕はたくさん尊敬する師匠や先輩がいる。その中でも、『この人は凄い!追い越したい!!』と思っているのが・・・

『笑福亭 鶴瓶さん』だ!!

この前の結婚式は皆さんに内緒にしていた部分もあって、お花や祝電はないと思っていた。

それが・・・・

披露宴会場に、鶴瓶師匠からお花が届いていた。僕はびっくりした!!「な・な・な・何で?」と思った。

僕は鶴瓶師匠を尊敬している。憧れている。こんな凄い人はいないと思っている。でも、それは僕が思っているだけで、鶴瓶師匠は知るはずもない。

でも、なんで???

鶴瓶師匠とは会社も違うし、雲の上の存在で、お会いできるチャンスもなく、テレビを通して見るしかなかった。

そんな日々が続いてたが、ある日お会いできるチャンスが来た!!

師匠は覚えておられないと思うが、6年前ぐらいに、師匠のラジオを後輩が見学しに行くと聞いたので、無理やり後輩について行ったのだ。

深夜番組だった。

僕は緊張して局に向かった。

局で後輩と合流して、局の人に紹介してもらい、無理やり来たことをお詫びしながら、どんだけ僕が鶴瓶師匠が好きかを力説した!

こんだけ力説したのは、15才の時に訳の分からん私学の高校の面接で合格したいが為に、僕がこの高校に合格したら・・・

「この高校の野球部で

甲子園を目指します!!」

と力説して、面接官に・・・

「ウチは

野球部ないよ」

と半笑いで言われ、試験に落ちた以来だ!

(そんな話はええねんけど)

力説のかいあって(?)スタジオに通してもらった。

師匠はまだスタジオに来られてなかった。

スタジオと分厚いガラスで仕切られた、調整室で待っていると、あの独特の声で笑いながら・・・

「普通ちゃうやろ~

ビックリした~

ハッハッハァ~」

と聞こえてきた。

僕の緊張は一気に高まり、自分の心臓の音が聞こえるぐらいに鼓動が早くなっている。

そして、その独特の声が大きくなってきた・・・。

(来る!!生鶴瓶師匠が来る!!!)

スタジオに通じる調整室の入り口を凝視してたら、鶴瓶師匠は爆笑しながら、体をよじれさせて入って来られた!入ってきていきなり調整室に居たスタッフの方に・・・

「聞いて~こんな事

ある??」

と爆笑しながら話を始めた!!

それを聞いてた僕も爆笑してもうた・・・。凄いパワーだった!

話が一段落してから、局の方が師匠に僕らを紹介してくれた。

僕は「吉本で漫才をやらしてもらています。あの・・えーー矢野・兵動の兵動ともうしまして・・・今日は見学ともうしますが・・・」と緊張のあまりグデグデの挨拶をした。

師匠は

「知ってるでぇ~

ゆっくり見ていってや」

と言ってくれた。嬉しかった。

それから、師匠はスタジオに入ってからも、中で共演者の方に身振り、手振りで話をしてはった。まだ、本番前にも関わらずスタジオ内は爆笑の連続だ。

本番1分前やのに、また調整室に来られて・・・

「ほんまに

考えられへんやろ」

と笑いながら喋りに来られた。

凄いパワーだ・・・。

本番中も大爆発で終わった。

僕は夢中で鶴瓶師匠を見続けた。一回も目をそらさずに。

本番終了後・・・ご挨拶だけして、邪魔になるからスタジオを出た。

後輩と別れた帰り道。『素人・兵動大樹』には夢のような出来事だったが、『芸人・兵動』には悪夢のような気がした。

(あんな凄い人に憧れてたなんて・・・身の程知らずもええとこや、俺なんかがこの世界でやって行けるんかな~)と思った。

それまでは、芸人の世界を無我夢中でやってれば何とかなると思うようにしていた・・・が一気に目が覚めた気がして、何とも言えない恐怖を感じた・・・。

その時に1回だけお会いしただけの、しがない漫才師の僕の結婚式になんで

『笑福亭 鶴瓶』

と書かれたカードと立派なお花が届いてたのか・・・・

続く。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

祝福されて考えた!!

ブログのコメントでたくさんの『身内』に祝福された!楽屋でも祝福された!!

正直、こんなに皆さんに喜んでいただけるとは思わなかった。楽屋では、師匠、先輩、後輩、吉本の社員からガンガン『おめでとう』とお言葉をいただいた!

結婚は秘密にしていた。なんか「結婚します」と言うのが照れくさかったし、言うタイミングを失ったのもある。

サンスポに載せていただいてから『結婚』を知ったという方が大半だった。

ん~なんか嫌な事を言われるんちゃうかな?とも思ってたが、声をかけてくれる全員が満面の笑みで・・・

「おめでとう!

よう結婚できた!!」

自分の事のように喜んでくれた!

先輩のティーアップさんもケツカッチンさんも笑顔で「おめでとう!」と言って下さった。

ケツカッチンの修兄さんは

「お前は幸せになる顔」と人相学も披露して頂いた!

宮川花子師匠には笑顔で近寄ってこられて、無言で・・・

『チョークスリーパー』を決められた。

タップしたが、僕の首にしっかり入った腕をグイグイ揺らして締め上げられた!ありがとうございます。

月亭八方師匠には「おめでとう。ところで、お前だけの稼ぎでやっていけるのか?」と聞かれて・・・

「ギリギリ無理です!!」と答えたら。

「明日はないということやな」とコメントをいただいた!そこからは、僕と一緒で『明日がない男』

『月亭八光』の話に移った。面白かった。

中田ボタン師匠にも心に残るお言葉を頂いた・・・

「男はな、結婚しても

家を一歩でたら、

独身やと思え!!」

ええ言葉やなぁ~と思った。

これは僕の解釈だが、この言葉は浮気しろとかじゃなく、結婚しても芸人としての『色、艶を忘れるな!』という意味だと思った!

僕は独身の時(生まれた時)から、まっっっったく

『色、艶がなかった!!』

けど、結婚してからは芸人の色、艶を出せるようになりたい!!

いろんな方々から、本当に『いい言葉』を頂いた、幸せ者である。

結婚してから凄い体験もした。

次回は『笑福亭 鶴瓶さんに挨拶に行く』の巻!!

緊張したなぁ~~~~~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »